本当に知りたいのはエコポイントの書き方のポイントでは?

今日からこのページに『エコポイント』のカテゴリを追加しました。

本日、私はエコポイント対象住宅証明書の発行申請手続きに行ってきました。職人の慣れない手でなんとか書類と図面を書きまとめて「やっとの思い」というのが正直な感想です。いちばん大変だと思ったことは、断熱材の仕様のところでした。
性能評価利用や長期優良住宅とか外張り断熱工法の型式認定などを採用している場合は比較的安易にエコポイントの申請が可能だと思いますが、断熱材の種別選択から工法の検討などを最初からやろうとするとなかなか大変な作業です。
そしてそれを決めたところで図面や説明書きにどのような表現を使って落とし込むのか?ってことろが一番苦労しました(教えてくれる人や聞く人がいなかったので)
少し慣れて書き方のポイントを押さえてコツさえつかめばそれほど難しい申請ではないかとも思った。

この際、せっかくの補助金だからこの期間に運良く着工するお客様には是非使ってあげたいですよね
大手メーカーがこぞってエコポイントを営業ツールにしているのに対し、地場の小規模工務店が指を加えて見ている手はありません。しっかりもらってガッチリアピールをしたいですね。なにしろこのエコポイントって書類審査だけですから申請しないのはもったいないということだと思います。

そんなわけで同じような境遇の人のご意見や提案を求む。また有意義な情報交換等も。

--建築の匠会員--
[PR]